読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello!DMM英会話

20代後半のサラリーマンが、毎日DMM英会話を通じて英語を学ぶブログです。

【DUO3.0】ボブは取り乱していて、現実と虚構の区別がほとんどできなかった。Bob was so beside himself that he could scarcely tell fact from fiction.

 

三日坊主にならないように、今日も勉強していきます。

 

Duo3.0 Section1 構文6〜10

6.彼は柱に寄りかかって、自由の女神像をじっと見つめた。

He leaned against the pillar and gazed at the Statue of Liberty.

  • lean「体を傾ける」 lean on... 〜に頼る
  • pillar「柱」 = post / column / support
  • gaze「じっと見つめる」 = stare / lool steadily
  • statue 「彫像」
  • liberty「自由」 = liberal「自由主義」

statueとlibertyは別々だと覚えにくいので、「Statue of Liberty」で自由の女神と暗記したい。

 

7.香水のほのかな香りを漂わせながら、一人の女性が僕の前を通り過ぎた。前の彼女のことを思い出してしまった。

A woman passed by me giving off a subtle scent of perfume. It reminded me of my ex-girlfriend.

  • pass by「通り過ぎる」
  • give off 「発する」 = send out
  • subtle「かすかな」= faint / delicate / slight
  • scent「香り」 = smell / fragrance
  • perfume「香水」
  • remind  A of B 「AにBを思い出させる」= make A think of B
  • ex「前の」 

subtleとかsentとか別々に覚えるの大変なので、subtle scent of perfume「香水の良い香り」でセットで記憶しようと思う。あとgive off の「発する」が意味的に捉えにくい。何度か復習するしかないのだろうか。類義語も少ない(send out)

 

8.納豆は臭いけれど味は最高

"Natto" smells awful but tastes terrific.

  • smell「におい」 = have a smell
  • awful「ひどい」 = very bad / terrible
  • taste「味がする」
  • terrific「素晴らしい」 = very good / gret / excellent

なぜかterrificをいつも「ひどい」と認識してしまう(理由はわからない)。とりあえずawful ⇄ terrific の構図を何度か復習して意味の勘違いがないようにしたい。

 

9.「汗でびしょぬれ」「こないで臭い!シャワーを浴びて。」

"I'm soaked with sweat." "Stand back! You stink. Take a shower."

  • soaled「びしょ濡れ」 = drenched / extremely wet 
  • sweat「汗」 = persoiration
  • stand back 「後ろに下がる」 = step back
  • stink「悪臭がする」 = smell very unpleasant
  • take a shower 「シャワーを浴びる」 = take a bath

socked with sweat で「汗でびしょ濡れ」。sweatを日本語のスウェットと認識してしまって誤読しやすいので注意したい(この例文だとすぐに気づくけど)。

 

10.ボブはひどく取り乱していて、現実と虚構の区別がほとんどできなかった

Bob was so beside himself that he could scarcely tell fact from fiction.

  • be beside oneself「取り乱す」 = be upset / be extremely excited
  • scarcely「ほとんどーない」 = hardly / almost not
  • tell A from B 「AとBを区別する」 = know A from B
  • fact「現実」
  • fiction「虚構」

えっtell A from B って「AにBを言うとかそういう内容じゃないのかよ」ってなりました。こうした文脈では区別という意味にあたるようですね。読む際に気をつけたいです。ていうか高速で英文をリスニングしている時なんか気づくのだろうか...。

 

今日はこれで終わり。

 

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材