Hello!DMM英会話

20代後半のサラリーマンが、毎日DMM英会話を通じて英語を学ぶブログです。

【DMM英会話30日目】フリートークを多めにしていこう

今日のDMM英会話

フリートーク

今日はパヤ先生に少し厳しいことを言われた。「君はちょっとフリートークに苦手意識があるね、あと瞬時に言葉がでてこないのは経験が足りないからだ、おそらく語彙の問題ではない」とかなり具体的な指摘を受けた。まあ実際その通りで、普段僕がやっているように、テキストに沿った英会話というのは非常に楽なのだ。文法や受け答えを意識するというよりも、問題集の中の質問に対して答える、テキストの本文を読む...そんなことでは本当の英会話は身に付かんよ...ということなのだろう。

 

今後は「英会話テキストを一回やったら、次は25分(1レッスン分)まるまるフリートークに当てようね、と先生から言われた。僕はもちろん「I wish!」と答えた。親身に何かとアドバイスをくれる先生なのだから、もっと僕も真摯にその気持ちに応えねばならんと思ったのだった。

f:id:knewton:20160823210601p:plain

 

マテリアルレッスン

フリートークの後は教材を通じてレッスンを行った。今日の会話レッスンは、Conversation Lesson 62 In the Countryside  だった。

http://eikaiwa.dmm.com/download/pdf/Beginner_con_62_01.pdf/

 

よく知らなかった単語
  • countryside (田舎)
  • creature (生き物。遊戯王のせいで、おぞましい生き物の略かと思っていた)
  • furious (怒り狂って)
  • no wonder(なるほど)
  • quite something (すばらしいもの)
  • ranch (馬牧場)

ranchと聞いて、最初ランチ(食事)のことだと思ったのだけど、馬の牧場のことだった(a place where we can ride horses)。あと一つ驚いたのは、「動物」という言葉の考え方の違い。animalは例えば「牛、羊、豚...」などを指し、petは「犬や猫」などを示すらしい。だからDo you prefer farm animals or pets? みたいな質問が来たりするし、Which animal is the most useful for society in your opinion? (人間の社会の中で、一番貢献している動物って何だと思う?)という質問に対しては、I think cow, because it became milk,butter,meat...and more.みたいな回答が正解だ。

無料体験レッスンのお知らせ

厳しい先生もいれば、優しい先生もいます。フィーリングの合う先生を見つけたら、じっくりと個別レッスンを受けることができます。2回の体験レッスンが無料ですので、是非一度やってみてくださいね。