読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello!DMM英会話

20代後半のサラリーマンが、毎日DMM英会話を通じて英語を学ぶブログです。

【DUO3.0 2周目】サラリーマンの英語スキル取得のリアル。そんな数ヶ月で劇的に能力上がらないからね。

 

なんというかただのノートの落書きをブログにアップしてる気がしている。だけど、まあ、いいかなと思っている。これがサラリーマンが英語を勉強する時のリアルだってことが伝わればいいかなと。DMM英会話を始めるも挫折し、語彙力をつけるために瞬間英作文に取り組み、その語彙すらなく単語帳に走る俺。そんなもんだ。3ヶ月で劇的に結果出すなんてそうそう簡単じゃないんだぜ。

Duo3.0 Section4 構文36〜40

36.その発電所は遠く離れた郡に電気を供給している

The power plant supplies the remote county with electricity.

  • power「エネルギー」
  • plant「工場」power plant「発電所」
  • supply A with B「AにBを供給する」
  • remote「離れた」= far away / distant / isolated
  • county「郡」
  • electricity「電気」electric「電気で動く」

countryではなく「county」言葉も意味も似ている。

 

37.許可なくこの装置を操作することはできません

You are not allowed to operate this device without permission.

  • allow「許す」 = let / permit
  • opperate「操作する」= control
  • device「装置」= instrument / gadget / machine
  • permission「許可」 = authorization

 

38.実は、住民たちは放射能にさらされてきた

In fact, the inhabitants have been exposed to radiation.

  • in fact「実際」 = as a matter of fact
  • inhabitant「住民」 = resident / dweller
  • expose「さらす」= show / reveral
  • radiation「放射能」

expose。exから始まる単語が多すぎてうんざりする。しかも語感と意味が繋がらないので、exposed to radiation「放射能にさらされる」で複数単語セットで覚えるしかない。

 

39.核エネルギーの潜在的な危険性は、いくら強調してもしすぎることはない

One cannot emphasize too much the potential danger of nuclear energy.

  • cannot do... to much「いくら...してもしすぎることはない」
  • emphasize「強調する」 = stress / place / underline
  • potential「潜在的な」 = latent / prospective
  • danger「危険」 = hazard / peril / risk
  • nuclear「核の」
  • energy「エネルギー」 

emphasize = underlineで意味を捉えやすい。というかstressも同じような意味にあたるのがちょっと面白い。絵とセットで覚えられると本当はいいんだろうが。そういう絵本的なものはあるのだろうか、たぶんありそう。

 

40.過去数年間その問題を見過ごしていた報道機関が、今ではどちらかと言えばそのことを重視しすぎている

For years the press overlooked the problem. But now , if anything, they are making too much of it.

  • press「報道陣」
  • overlook「見落とす」= miss / do not notice
  • if anithing「どちらかと言えば」 = rather
  • make of A 「Aに対して評価をする」

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材

【DUO3.0 2周目】社会の高齢化が避けられないことは言うまでもない It goes without saying that the aging of society is inecitable.

 

日本語訳を先に読んでから英文を読むとわかった気になってしまうので、試しに英文を訳してから日本語訳を確認するやり方に変更してみた。やっぱり意味や文法をぼんやりとしか理解ができていないので、この時間で少しでも勉強ができるよりに学びのフローを変更してみようと思う。毎日少しずつ成長できますように。

Duo3.0 Section3 構文31〜35

31.社会の高齢化が避けられないことは言うまでもない

It goes without saying that the aging of society is inecitable.

  • it goes without saying that...「...はいうまでもない」= need less to say
  • aging「高齢化」
  • inevitable「避けられない」= unavoidable / inescapable

比較的簡単な例文だけど、inevitableはあまり馴染みのない単語なので要復習かな。

 

32.この表をご覧になってください。少年非行が深刻な割合で増加していることを示しています

Please take a look this chart. It indicates that juvenile delinquency is on the increase at alarming rate.

  • take a look at 「ちょっと見る」
  • chart「表」= picture / graph / diagram
  • indicate「示す」 = show / point to
  • juvenile「青少年の」 = youth
  • delinquency「非行」
  • be on the increase「増加している」
  • alarming「深刻な」
  • at a rate「割合で」

 

33.多くの商業地区では、数年間売りに出されている空き地がたくさんある

In many business districts, there are a lot of vacant lots which have been for sale for years.

  • district「地区」= zone / area / region
  • a lot of「多くの」= many / a large / number of / plenty of
  • vacant「誰もいない」 = free
  • be for sale「売り物である」

気をつけることが多い構文。vacantはバカンスの意味かと思いきや「誰もいない」空き地を示す言葉。be for saleは「セール中」と思いきや「売りに出されている」という意味になる。ちなみにセール中はon sale。難しい...。

 

34.大都市の人口密度が徐々に低下している

The population density in the metropolis is grandually decreasing.

  • population「人口」
  • density「密度」 dense「密度が濃い」
  • metropolis「大都市」
  • gradually「徐々に」= little by little / step by step
  • decrease「減少する」 ⇄ increase

 

35.ほぼ間違いなくこの数年先、出生率は減少の一途をたどるだろう

In all likelihold, the birthrate will continue to decline steadily for years to come.

  • in all likelihood「ほぼ間違いなく」
  • birthrate「出生率」
  • continue「続ける」
  • decline「減少する」= decrease
  • steadily「着実に」 
  • to come「くる」

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材

【DUO3.0 2周目】出費を切り詰めないと。だからこれからは使ったお金は一日単位で記録していく I have to cut down on my expense, so from now on, I'm going to keep track of them on a daily basis.

 

DUO3.0の使い方についてよく読んでいたら、日本語訳から英訳を作ることをお勧めされてたので、3周目はその勉強法を取り入れようかなと思った。しかし基本的な英文法を抑えきれていないので、たぶん別の本から少しずつ入ったほうがいい印象。今はとにかく単語力とリスニング能力の上昇を目指して、コツコツやっていくしかない。

Duo3.0 Section3 構文26〜30

26.出費を切り詰めないと。だからこれからは使ったお金は一日単位で記録していく

I have to cut down on my expense, so from now on, I'm going to keep track of them on a daily basis.

  • cut down on...「...を減らす」 = reduce
  • expense「出費」 = cost
  • from now on 「これからは」
  • keep track of「流れを常に記録する」
  • daily「毎日の」 = everyone / day to day
  • on a ... basis「...という基準」

expenseとかexpendとかexpectとか...似たような単語が多いので、気をつけたい。expenseはcostと一緒に覚えて、間違いがないように。trackは車の跡という意味があるので、keep track of で流れを記録するという意味。まあ、トラッキングとか最近日常でもよく使う言葉だ。

 

27.いずれにせよ、組合側はある程度妥協しなければならない

In any case, the union has to compromise to a certain extent.

  • in any case「いずれにしても」 = anyway / anyhow / at any rate
  • union「労働組合」 = labor union
  • compromise「妥協する」 
  • certain「ある特定の」 = particular / specific / definite
  • extent「程度」 = to degree

compromiseで「妥協する」という意味。promise「約束」という意味があるので一見プラスの意味の単語に見えるけど、実は逆。extentはto degreeとセットで覚える。extendと間違いやすいけど、extendは「予期する」という意味(だったはず)

 

28.有能な整備士は引っ張りだこだから、なかなかの賃金を稼げる

Competent mechanics are in great demand, so they earn decent wages.

  • compentent「能力を持つ」 = able / capable / proficient / qualified
  • mechanic「整備士」
  • demand「需要がある」 ⇄ supply「共有」
  • earn「稼ぐ」 = get / make / get paid
  • decent「かなりよい」 = stisfactory / respectable / good enough
  • wages 「賃金」 = pay / salary

earn「稼ぐ」wages「賃金」があまり馴染みのない単語なので、セットで覚えたい。compentent mechanic「有能な整備士」これもcompentent単体で覚えようとするとしんどいのでセットで覚えたい。やっぱり改めて思うけど、英単語単体で覚えようなんざ難しくて、類義語と反意語と文脈の三段構えでやるのが一番効率がいい。ここ数日で既にいくつもの単語が重複して出てきてるしね。

 

29.大統領は福祉改革を実行するための具体的な計画を発表した。

The president announced a concrete plan to carry out welfare reform.

  • president「大統領、社長」
  • announce「発表する」 = make public
  • concrete「具体的な」 = definite / particular ⇄ abstract
  • carrt out「実行する」 = perform
  • welface「福祉」
  • reform「改革」

concreteはabstract「抽象的」の単語学習の時に出てきた。これだけ目にすると完璧に暗記できる。素晴らしい。

 

30.彼の政策はきっとくらい結果を招くだろう。徹底的な見直しが必要だ

His policy will no doubt lead to dismal consequences. It needs a thorough review.

  • policy「政策」
  • doubt「疑念」 no doubt「たぶん」= certainly / surely / probably
  • lead「ひきいる、導く」 ⇄ follow「ついていく」
  • dismal「暗い気持ちになる」 = very bad
  • consequence「結果、影響」 = effective / result / outcome
  • thorough「徹底的な」 = complete / comprehensive / full
  • review「見直し」

今ふと思ったけど、ポジティブな言葉を赤く塗り、ネガティブな言葉を青く塗れば、色のイメージでもう少し単語の意味を思い出せるのでは!?自分から発見すると楽しいなこういうの。ちょっと次回からやってみようと思います。

 

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材

【DUO3.0 2周目】NO 100 BUCKS, THANKS 100ドル紙幣お断り

 

Duo3.0 Section2 構文21〜25

21.「この不恰好な物体は何?」「これは抽象芸術の作品だよ」

"What's this ugly object!" "This is a piece of abstract art!"

  • ugly「醜い」 ⇄ beautiful
  • object「物体」 = thing / item / stuff
  • a pice of「ひとつ」
  • abstract「抽象的な」 = conceptual / metaphysical  ⇄ concrete「具体的な」

uglyはあまり馴染みのない単語なので、反意語とセットで覚えていきたい。なぜか語感的には「叱る」みたいなニュアンスの単語に見えてしまう。なぜだろうか。

 

22.100ドル貸してくれとリッチーに頼んだら、彼は「俺も金がない」と言って首を横に振った

I begged Richie to lend me a hundred bucks, but he shook his head, saying"I'm broke too".

  • beg「すがってお願いする」 = ask strongly / plead / implore
  • lend A 「Aに貸す」
  • buck「ドル」 = doller
  • shake one's head「NOという」
  • be broke「お金がない」 = go broke「倒産する」

buckをドルという理由は、西部開拓時代にbuck skinという雄ジカの皮が紙幣の代用として使われていた名残らしい。あとアメリカのレストランによく描いてある「NO 100 BUCKS THANKS」の張り紙はそのままの意味で100ドル札お断りという文句。100ドル札は高級紙幣にあたり、防犯のため断ることがおおいんだとか。海外旅行で気にしたことないけど。

 

begという単語もあまり普段使わないので、ask stronglyとセットで覚えたい。まあ文脈でも理解できそうだが...。

 

23.「安売りしているといつも衝動買いをしてしまう」「私も」

"I'm apt to buy things on impulse whenever something is on sale." "So am I"

  • apt「適切な」 apt to do「...しがちである」 = be likely to do / have a tendency to do
  • impulse「衝動的に」
  • on sale「バーゲンで」
  • So am I「私も」

apt to buyで「買ってしまいがち」というセットで覚えると忘れない気がした。英単語を覚える時の「...」の部分もきちんと保管して文章にしてしまったほうが良い。

 

24.実際のところ、普通の人々にはそんな贅沢品を購入する余裕はない。

As it is, ordinary people cannot afford to purchase such luxuries.

  • as it is「実際のところ」 = in fact
  • ordinary「普通の」 = usual / normal / common / average
  • can afford to do 「〜する余裕がある」
  • purchase「購入する」 = buy
  • luxury「贅沢品」 

25.予期していた通り、失業率は3四半期連続で上昇した

As we anticipated, the unemployment rate has risen three quarters in a row.

  • anticipate「予期する」= expect / foresee
  • unemployment「失業する」 ⇄ employment「雇用されている」
  • rate「割合」
  • rise「上がる」 = increase
  • quarter「四半期」
  • in a row「連続で」 = in succssion / consecutively

in a rowで「連続」という意味がどうしてもとらえにくい。rowが列という意味なので...うーん...。in a で rowが続くイメージというのがどうしても納得しにくい。誰か覚え方を教えてください。

 

今週は10時間ほどの残業があったので、昨日サボってしまった。。。明日からまた休むことがないように頑張っていきたい。

 

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材

 

【DUO3.0 2周目】時々、"curve"と"carve"を混同してしまう At time I confuse "curve" with "carve"

 

最近残業が多くて勉強の開始が10:30とかからで大変辛いんですが、なんとか続けていきたいという気持ちだけで乗り切ってます。

 

ただ嬉しいこともあって、最初にやった時に比べてだいぶ単語が聞き取れるようになったなという印象です。多少スピードが早くても耳がついていくようになったので、少しだけ楽しくなってきました。ネイティヴの会話のスピードについていくのはまだ難しいですが、少しずつ成長していきたいなと思ってます。

 

Duo3.0 Section2 構文11〜15

16.時々、"curve"と"carve"を混同してしまう

At time I confuse "curve" with "carve".

  • at time「たまに」 = sometimes / once in a while / now and then
  • confuse「混同する」= mix up
  • curve「曲線」
  • carve「彫る」

confuseはFFやドラクエの世界で「混乱させる」みたいな技になっていて意味を間違えがちなんだけど、混同するという意味が正しい。

curveとcarveは発音が微妙に異なっていて、curveの方はeの口になり、carveの方はaの口で「カー」を発生するので、慎重に聞くとちゃんと聞き分けができる。間違いやすいので覚えておこうと思う。

 

17.恥ずかしがらないで。あなたの発音はだいたいあっています

Don't be shy. Your pronuncuation is more or less correct.

  • shy「恥ずかしがり屋の」 = bashful / timid / withdrawn
  • pronunciation「発音」
  • more or less「だいたい」 = almost / nearly / approximately
  • correct「正しい」 = right / accurate

pronunciationはややこしい単語なんだけど、DMM英会話中に「発音が違う」と頻繁に言われたので完璧に覚えている。

 

18.この記事には、語彙を本気で増やしたいと覆う人々に役立つ情報が含まれています

This article contains tips for those who are eager to increase their vocabulary.

  • article「記事」 = item / column
  • contain「含んでいる」
  • tip「役立つ情報」
  • those who 「〜という人たち」 = the people who...
  • be eager to do「しきりにーしたがる」 = anxious / enthusiastic
  • increase「増やす」 = add / raise / boost
  • vocabulary「語彙」

tipは役に立つ情報という意味で、アメリカなどにおけるチップ文化は関係ない。

 

19.彼の最新の作品が市庁舎で展示されている。言葉にできないほど素敵。

His latest works are on display at the city hall. They are fabulous beyond desctiption.

  • latest「最新の」
  • work「作品」
  • display「展示」 = exhibition / show
  • city hall「市庁舎」
  • fabulous「すてきな」
  • description「描写」

beyond descriptionで「言葉に表せないほど」という意味になる。

 

20.「少し詰めてもらえませんか?」「すみません、こんなに場所をとっていたなんて気付きませんでした」

"Could you move over a little?" "Oh sorry. I did'nt realize I was talking up so much space."

  • move over「席を詰める」
  • realize「気づく」 = become aware of
  • take up「とる」

 

今日はこれで終わり。

 

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材

【DUO3.0 2周目】以下の一節は有名な寓話からの引用です。The following passage is quoted from a well-known fable.

 

今日は雨に打たれた猿のように疲れてますが、頑張ります。。。

 

Duo3.0 Section2 構文11〜15

11.間も無く出版になる彼の小説は、散文に彼の死の才能を融合させたものだ

His new novel, which combines prose with his gift for poetry, is going to be published.

  • novel「小説」
  • combine「組み合わせる」 = unite / integrate / merge
  • porse「散文」= verse「韻文」
  • gift「才能」 = talent
  • poetry「詩」
  • publish「出版する」 = bring out

giftは(天賦の)才能という意味もあるようだ。神様からの贈り物という意味合いだろうか。

 

12.来月、その百科事典の最新版が出る

An up-to-date edition of the encyclopedia will come out next month.

  • up-to-date「最新の」 = latest / current / modern
  • edition「版」
  • encyclopedia「百科事典」
  • come out「出版される」 = publish / release

 

13.山田さんがその心惹かれるおとぎ話を優しい日本語に翻訳した

Mr.Yamada translated the fascinating fairy tale into plain Japanese.

  • translate「翻訳する」
  • fascinating「魅了する」 = attractive / charm / bewitch
  • fairy「妖精」
  • tale「物語」
  • plain「やさしい、簡易な」 = easy

fairl taleで「おとぎ話」という意味になる。セットで覚えておけば忘れないだろう。

 

14.以下の一節は有名な寓話からの引用です。

The following passage is quoted from a well-known fable.

  • following「以下の」 = next / subsequent
  • passage「一節」
  • quote「引用する」 = cite
  • well-known「有名な」 = noted / famous / celebrated / outstanding
  • fable「寓話」

「有名な」という意味を持つ単語は多いので、あわせて覚えていきたい。

 

15.「現代文学は詳しい?」「ほとんど知らない」

"Are you familiar with contemporary literture?" "I know next to nothing about it"

  • familiar「知っている」 = know / be acquainted
  • contemporary「現代の」 = modern
  • literture「文学」
  • next to 「ほとんど」= almost

next to と読むと「次に...」を連想してしまいがちなんだけど、nothingが続くと「ほとんどない」という意味の組み合わせになるので、覚えられそうな印象。

 

今日はこれで終わり。

 

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材

【DUO3.0】ボブは取り乱していて、現実と虚構の区別がほとんどできなかった。Bob was so beside himself that he could scarcely tell fact from fiction.

 

三日坊主にならないように、今日も勉強していきます。

 

Duo3.0 Section1 構文6〜10

6.彼は柱に寄りかかって、自由の女神像をじっと見つめた。

He leaned against the pillar and gazed at the Statue of Liberty.

  • lean「体を傾ける」 lean on... 〜に頼る
  • pillar「柱」 = post / column / support
  • gaze「じっと見つめる」 = stare / lool steadily
  • statue 「彫像」
  • liberty「自由」 = liberal「自由主義」

statueとlibertyは別々だと覚えにくいので、「Statue of Liberty」で自由の女神と暗記したい。

 

7.香水のほのかな香りを漂わせながら、一人の女性が僕の前を通り過ぎた。前の彼女のことを思い出してしまった。

A woman passed by me giving off a subtle scent of perfume. It reminded me of my ex-girlfriend.

  • pass by「通り過ぎる」
  • give off 「発する」 = send out
  • subtle「かすかな」= faint / delicate / slight
  • scent「香り」 = smell / fragrance
  • perfume「香水」
  • remind  A of B 「AにBを思い出させる」= make A think of B
  • ex「前の」 

subtleとかsentとか別々に覚えるの大変なので、subtle scent of perfume「香水の良い香り」でセットで記憶しようと思う。あとgive off の「発する」が意味的に捉えにくい。何度か復習するしかないのだろうか。類義語も少ない(send out)

 

8.納豆は臭いけれど味は最高

"Natto" smells awful but tastes terrific.

  • smell「におい」 = have a smell
  • awful「ひどい」 = very bad / terrible
  • taste「味がする」
  • terrific「素晴らしい」 = very good / gret / excellent

なぜかterrificをいつも「ひどい」と認識してしまう(理由はわからない)。とりあえずawful ⇄ terrific の構図を何度か復習して意味の勘違いがないようにしたい。

 

9.「汗でびしょぬれ」「こないで臭い!シャワーを浴びて。」

"I'm soaked with sweat." "Stand back! You stink. Take a shower."

  • soaled「びしょ濡れ」 = drenched / extremely wet 
  • sweat「汗」 = persoiration
  • stand back 「後ろに下がる」 = step back
  • stink「悪臭がする」 = smell very unpleasant
  • take a shower 「シャワーを浴びる」 = take a bath

socked with sweat で「汗でびしょ濡れ」。sweatを日本語のスウェットと認識してしまって誤読しやすいので注意したい(この例文だとすぐに気づくけど)。

 

10.ボブはひどく取り乱していて、現実と虚構の区別がほとんどできなかった

Bob was so beside himself that he could scarcely tell fact from fiction.

  • be beside oneself「取り乱す」 = be upset / be extremely excited
  • scarcely「ほとんどーない」 = hardly / almost not
  • tell A from B 「AとBを区別する」 = know A from B
  • fact「現実」
  • fiction「虚構」

えっtell A from B って「AにBを言うとかそういう内容じゃないのかよ」ってなりました。こうした文脈では区別という意味にあたるようですね。読む際に気をつけたいです。ていうか高速で英文をリスニングしている時なんか気づくのだろうか...。

 

今日はこれで終わり。

 

勉強のフロー

Duo3.0 基礎編を聴く→英単語を声に出しながらノートに書く→類似の言葉も合わせて学ぶ→もう一度本文をリスニングしてみる→ブログに学びの結果を書く

 

現在使っている教材